栃木で生まれたエコ燃料ストーブ、マダガスカルの森林救う?

  • 0
  • 1
マダガスカル向けに開発を進めるハイブリッド型ロケットクッキングストーブ
 【宇都宮】里山エネルギー(栃木県佐野市、上岡裕社長、0283・23・9758)は、マダガスカルで環境調和型のエコ燃料と調理用ストーブの製造販売に関する調査を行う。国際協力機構(JICA)の委託事業で、現地で発生する廃材などを燃料に活用する。日本製紙連合会や足利工業大学、三陽(佐野市)など約10社・団体と連携する。
 
 マダガスカルのエネルギー消費の85%程度はバイオマス由来で、多くの一般家庭では調理用のストーブ燃料に薪(まき)や木炭が使われる。樹木の伐採が進み、森林が危機的状況にある。

 これを解決するため、現地の廃材や未利用のモミガラなどを燃料に転換し、廃棄ロスと自然保護につなげる。その一環として「ハイブリッド型ロケットクッキングストーブ」を開発する。価格は3000円程度に抑える。2018年4月までに試作品の完成を目指す。燃料やストーブの開発には100万円程度かかり、里山エネルギーでまかなう。

 JICAからの委託費は850万円程度。これまでに都市部の調理用燃料の使用状況などを調査しており、今後は現地の人材や設備などの調査を強化し、17年中にビジネスモデルを決定する方針。マダガスカルでの事業を第1弾として捉えており、上岡社長は「将来的に発展途上国で横展開していきたい」と語る。

 同社は自然エネルギー機器を手がける。これまでに移動式の発電所や、充電式バッテリーと40ワットの太陽光発電パネルをセットにした「くまモンナノ発電所」などを企画、販売している。

日刊工業新聞2017年3月22日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

栃木の「里山」を冠した企業はマダガスカルの里山も救うことができるのでしょうか。

関連する記事はこちら

特集