人体改造を受け、スペース・コロニーの住人になりたいですか?

<情報工場 「読学」のススメ#26>「ポストヒューマン」の技術が「宇宙植民」への道をひらく!?

  • 1
  • 3
打ち上げられる「ニュー・シェパード」ロケット(Blue Origin提供)

人間の脳とコンピュータを直結する構想を抱くイーロン・マスク氏


 知っている人も多いと思うが、先ほども名前を挙げたイーロン・マスク氏は、実にさまざまな分野で革新的な試みを行っている起業家だ。民間の宇宙ビジネスを先導するスペースXのほかに、世界で広く使われている電子決済サービスPayPalの前身企業、電気自動車で一歩先んじるテスラ・モーターズなどの創業者として有名だ。

 そのマスク氏は最近「ニューラル・レース」の構想を語っている。これは、もともとはSF作家イアン・M・バンクスの創作に登場する、脳とコンピュータをつなぐインターフェースを指す言葉だ。マスク氏は、近い将来人間とコンピュータは一体化しなければならないとして、脳にデジタルなレイヤーを加え、AIと直結する技術の実現を考えているのだ。

 ニューラル・レースは、まさに人間の身体を改造する「ポストヒューマン」の技術だ。マスク氏自身がどれだけ意識しているかは定かでないが、稲葉教授の論に従えば、スペースXの宇宙ビジネスとニューラル・レースは関係していると考えられる。ニューラル・レースの実用化があって初めて有人宇宙ビジネスの展開も可能になるということだ。

 ただし、ポストヒューマンの技術は、スマホやPCとは違う。自分の体を大きく作り変えることを、どれだけの人が受け入れられるかは未知数だ。はやぶさ2の帰還を待ちながら、今後の人間の意識と社会の変化を見守るしかない。

(文=情報工場「SERENDIP」編集部)


『宇宙倫理学入門』
-人工知能はスペース・コロニーの夢を見るか?
稲葉 振一郎 著
ナカニシヤ出版
272p 2,500円(税別)

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

冨岡 桂子
情報工場

イーロン・マスク氏は、昨年、メキシコでの国際宇宙会議(IAC)で火星への移住という壮大な構想を語りました。その中で「火星への最初のミッションではかなり死ぬ確率が高い」が、「それはどうにもならない」と言っています。火星への航行中、例えば、何らかの事故により必要な食糧などがなくなる究極な状況になった場合、乗組員は生き延びるためにどうするのか。人間がサイボーグ化する是非を議論するのは遠い将来のように感じられますが、イーロン・マスク氏が目指している計画が予定通り実行されれば、宇宙を開拓する際の「命」について、私たちは意外と早く考えることになるかもしれません。

関連する記事はこちら

特集