【ディープテックを追え】わさび栽培にイノベーション、自動栽培と栽培期間短縮を狙う

#97 NEXTAGE

  • 0
  • 0

閉鎖空間で野菜などを生産する、植物工場が普及してきた。この潮流に乗り、NEXTAGE(ネクステージ、東京都目黒区)はわさびの自動栽培モジュールを開発する。同社は栽培期間を短縮できる栽培方法と栽培モジュールを組み合わせ、実現を目指す。

生産量は減少続く

わさびは澄んだ水のある冷涼な土地で生育する。日本では静岡県や長野県で栽培される。ただ、気候変動によるわさび田への被害や水源の枯渇、従事者の減少などの課題を抱えている。それに並行するように国内のわさび生産量は減少が続く。農林水産省の「特用林産物生産統計調査」によれば、2020年のわさび生産量は約2000トンと、05年に比べ半分以下まで落ち込んでいる。

こういった課題がありながら、事業としてわさびの自動栽培を手がけるのは難しかった。冷涼な土地での生産に限定される上、2年間ほどの栽培期間が必要なためだ。同社はこの栽培期間を短縮しつつ、自動栽培できるモジュールでこの課題の解決に挑む。

早く育つメリットも

技術の肝は栽培に適した環境を制御する点だ。温度や水の流速などの環境データや植物の様子から、わさびの栽培に適した環境を制御する。センサーなどの計測器のデータに加え、カメラから取得した葉や茎を画像から、わさびの生育状況を予測する。

20度C以下の気温が最適とされるわさび生産において、中村拓也代表は「室温でも育てられる」と自信を見せる。水温や水流など、気温以外の指標をコントロールすることで、温暖な場所でも育てられるようになるという。またこの手法を使うことで、10カ月で50グラムのわさびを育成できるなど、促成栽培のメリットもある。

わさび栽培の様子(同社提供)

同社はこの栽培方法と栽培モジュールを統合して、23年から販売する。既存の20フィートや40フィートコンテナに栽培に必要な計測器などを搭載して提供する。製品化に向けてはトヨタ紡織やヤマハ発動機などと協力する。同時に自社でも同モジュールを使い、わさびの栽培を始める。海外への展開も狙う。機器の販売だけでなく、栽培方法の普及を目指す。

中村代表

将来は消費地の近くで栽培する「モバイル農業」やわさび以外の農作物へ技術を生かす。中村代表は「世界中で同じレシピを使い、地域の需要に合わせた栽培できる環境を実現する」と意気込む。

この連載では、「ディープテック」と呼ばれる先端テクノロジーの事業化を目指す企業を掲載します。
また、自薦、他薦を問わず情報提供も受け付けております。
情報提供の際は、ニュースイッチ deeptech情報提供窓口  deeptech@media.nikkan.co.jpまでメールをお送りください。
メール送付時に、会社の概要を記した資料またはHPのURLをご記載ください。
「 ディープテックを追え VOL.1」はこちらから
「 ディープテックを追え VOL.2」はこちらから
「ディープテックを追え VOL.3」はこちらから
「 ディープテックを追え VOL.4」はこちらから
「ディープテックを追え VOL.5」はこちらから
「 ディープテックを追え VOL.6」はこちらから
「ディープテックを追え VOL.7」はこちらから
「ディープテックを追え VOL.8」はこちらから
「 ディープテックを追え VOL.9」はこちらから
「ディープテックを追え VOL.10」はこちらから
「ディープテックを追え VOL.11」はこちらから

ニュースイッチオリジナル

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる