EVゴミ収集車が東京・多摩地区を走る

  • 1
  • 1

三菱ふそうトラック・バスは、電気自動車(EV)トラック「eキャンター」をベースにしたゴミ収集車を古川新興(東京都府中市)に納入した。同社のEVトラックがゴミ収集車として納車されるのは神奈川県厚木市に次いで2台目。民間企業への納車は初めて。ゴミを積み込む架装部分は新明和工業が手がけた。

古川新興はEVゴミ収集車(写真)を東京都多摩地区のコンビニエンスストアの廃棄物や府中市内の破棄物の収集・運搬に活用する。7月下旬に運用を始めた。

eキャンターの車両総重量は約7・5トン、航続距離は100キロメートル。充電時間は急速充電で最大1・5時間、普通充電で最大11時間。数年内に航続距離、サイズが異なるモデルを発売する。

日刊工業新聞2022年8月1日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる