サイバー対策技術者を育てる、NECが高専機構とタッグ

  • 0
  • 1

NECと国立高等専門学校機構は、サイバーセキュリティー分野における人材育成強化で包括連携協定を結んだ。対象は全国の国立高専。高専機構において、企業で実際に活用されている教材や演習環境を用いた人材育成を行うのは初めて。セキュリティー技術者の育成を加速し、サイバー攻撃に対応する。

協定に基づき、国立高専の教職員とNECの専門技術者が定期的に情報交換し、最新のサイバー攻撃の動向や技術トレンドを共有する。また、NECグループの営業やシステムエンジニア(SE)が使うサイバーセキュリティー訓練場や、楽しみながらセキュリティー技術を学習してスキルを可視化する「CTF」などの演習環境を学生向けに提供し、実践力を強化する。

日刊工業新聞2022年7月26日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる