BMWが投入、「7シリーズ」初のEVの性能

  • 0
  • 1

ビー・エム・ダブリュー(東京都港区、クリスチャン・ヴィードマン社長)は、高級セダン「7シリーズ」を刷新し発売した。クリーンディーゼル車モデル、高効率ガソリン車モデルのほか、同シリーズ初の電気自動車(EV)をラインアップに追加した。消費税込みの価格は1460万―1670万円。

EVモデル「i7 xドライブ60=写真」は4輪駆動(4WD)で、電気モーターの最高出力は前輪が190キロワットで後輪は230キロワット。システム全体での最高出力は400キロワット。1回の充電で約600キロメートル走行できる。

クリーンディーゼル車モデルには、排気量3000cc直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載。ガソリン車モデルには同3000cc直列6気筒ガソリンエンジンを採用した。

日刊工業新聞2022年7月6日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる