NEXIの保険金支払額が前年度比2.6倍になった理由

  • 0
  • 0
会見する日本貿易保険の黒田社長

日本貿易保険(NEXI)は、2021年度の保険金支払額が前年度比2・6倍の612億円だったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた企業が多く、2001年の設立以降、02年度に次いで2番目に多かった。コロナ禍関連で支払額が10億円を超えた大型案件は5件だった。

保険の引き受け実績は同13%増の6兆9000億円だった。黒田篤郞社長は「自動車部品や鉄鋼の輸出が伸びたのが要因」と説明した。

また貿易保険法の改正により海外投資保険などの支払い対象が拡大したことについて黒田社長は「サプライチェーン(供給網)の強靱化に向けた一歩になる」と指摘。供給網全体のリスクをカバーし、企業の海外展開を後押しする考えを示した。

日刊工業新聞 2022年6月30日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる