カワサキモータースが初めて投入する「電動2輪」の性能

  • 1
  • 0

カワサキモータース(兵庫県明石市、伊藤浩社長)は、子ども向け電動2輪車「エレクトロード=写真」を8月以降に米国で発売する。想定対象年齢は3―8歳。エンジンの熱や大きな排気音がないため、子どもが容易に扱える。希望小売価格は1099ドル(約15万円)。同社が電動2輪車を投入するのは初となる。

カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の取り組みの一環で開発。1回の充電で最大2時間半の駆動が可能なリチウムイオン電池をフレームに内蔵した。

デザインはオフロードレーサーをイメージし、ブランドカラーのライムグリーンを用いてスポーティーな外観にした。シートの高さやハンドルバーの調整範囲を広くすることで、幅広い年齢層に対応できるようにした。

日刊工業新聞2022年6月14日

キーワード
カワサキモータース

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる