川重の大型二輪「メグロ」復活!伝統を継承しつつ最新技術ふんだんに

  • 0
  • 0

川崎重工業は2021年2月1日に大型2輪車「MEGURO K3=写真」を発売する。かつて日本初のスポーツバイクブランドとして一時代を席巻した「メグロ」を復活。名車の伝統的なスタイリングを継承しつつ最新技術を盛り込んだ。

販売は子会社のカワサキモータースジャパン(兵庫県明石市)が担当する。消費税込みの価格は127万6000円。2年間で400台の販売を目指す。

排気量773cc、空冷4ストローク2気筒SOHC4バルブバーチカルツインエンジンを搭載。銀鏡塗装や傷を自己修復する特殊コーティングなど最新技術を施した。

メグロは1924年創業の目黒製作所が製造。川崎航空機工業(現川崎重工業)への統合後も大排気量といったビッグバイクのカワサキブランドの礎になった。19日都内での発表会で、モーターサイクル&エンジンカンパニーマーケティング課の奥村和磨主事は「レトロモデルの需要が高まっている。伝統を残しつつ新しいメグロを復活させた」と強調した。

日刊工業新聞2020年11月20日

関連する記事はこちら

特集