半導体材料市場が2026年に29%増加する要因

  • 0
  • 3

微細化・高層化で拡大

富士経済(東京都中央区)がまとめた「2022年半導体材料市場の現状と将来展望」によれば、半導体材料計30品目の26年の世界市場は、21年比29・1%増の444億ドル(約5兆9550億円)となる見通し。第5世代通信(5G)やIoT(モノのインターネット)の普及に伴い、半導体の微細化や高層化が進み、市場が拡大すると予測する。

半導体材料を前工程と後工程で区分し、前工程材料25品目と後工程材料5品目を調査。さらに注目市場として、デバイス5品目の市場動向も調査した。

日刊工業新聞2022年6月14日

キーワード
半導体 富士経済

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる