「シウマイ」の崎陽軒が限定販売する「『もったいない』を見直そう弁当」の中身

  • 0
  • 2

崎陽軒(横浜市西区、野並晃社長)は、横浜市および良品計画とのコラボレーションで、4―12日にフードロス削減と環境負荷低減をテーマに企画した弁当「横浜市×崎陽軒『もったいない』を見直そう弁当=写真」を販売する。看板商品「シウマイ」の製造で余った具材をメンチカツにアレンジするなど工場で廃棄されていた余剰食材を使い、プラスチック製容器・包材も必要最小限にする。消費税込みの価格は830円。崎陽軒本店と良品計画「無印良品 港南台バース」(同港南区)で期間中、16時からの限定販売になる。

6月は「環境月間」。良品計画が4日の“ムジの日”から各店舗で開催するイベントに合わせ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に合致する企画として3者で立案・推進した。余剰食材を利用するため販売数は最多でも1日100個程度になり、「状況によってはゼロになる日もある」(崎陽軒)という。(横浜)

日刊工業新聞2022年6月3日

キーワード
シウマイ 崎陽軒 横浜市

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる