崎陽軒が台湾へ。初の海外店舗で導入する日本と異なる「シウマイ弁当」提供法

  • 0
  • 2

崎陽軒(横浜市西区、野並直文社長、045・441・8851)は、7日に初の海外店舗となる台湾・台北駅店をオープンする。5月に現地法人を設立し、開業準備を進めてきた。現地の嗜好(しこう)に合わせた小ぶりの「台湾版シウマイ弁当=写真」(台湾の営業税込みで175元、約650円)を主力に販売する。焼きシウマイや菓子類など他商品を含め、日本円で月間600万円の販売を見込む。

同社は2018年から現地の催事に参加し、シウマイ弁当を試験的に販売。温かい食事が好まれることから日本と異なり、店舗で蒸したてのシウマイと炊きたての白飯を詰めて提供するようにした。食材はシウマイに使う干しホタテ貝柱と台湾にない調味料などを除き現地調達する。

日刊工業新聞2020年8月6日

キーワード
崎陽軒

関連する記事はこちら

特集