鉄道とオフィスをお得に利用しよう。JR西が系列ビル入居企業に割引サービス

  • 1
  • 1

JR西日本は、同社グループのオフィスビル入居企業に対して、通勤や出張時の列車、シェアオフィスなどの利用料金割引サービスの実証実験を6月以降に始める。コロナ禍での行動変容に対応して鉄道とオフィスを組み合わせたサービスを提案、新たなワークスタイルでの需要創出を図る。実験でサービスの利用状況や方法を検証、新サービスや対象企業拡大につなげる方針。

対象はJR西日本不動産開発(大阪市北区)が大阪市淀川区に建設した「新大阪第2NKビル」と「同第3NKビル」の入居企業。6―12月に入居や法人サービスを契約した企業は6カ月間、通勤時の一部特急列車や出張時のグリーン車、シェアオフィス、オンラインチケット予約システムなどの利用料が割引になる。

2023年春にはアプリケーション(応用ソフト)でブース型オフィスなどの予約ができるようにする。

日刊工業新聞 2022年5月19日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる