世界最高性能、東大がディープフェイク見破るAI新技術

  • 5
  • 7

東京大学の塩原楓大学院生と山崎俊彦准教授は、動画中の顔を有名人のものと入れ替えるディープフェイクを見破る人工知能(AI)技術を開発した。フェイク画像の偽物の画像を作成してフェイク検出AIに学習させる。この偽のフェイク画像は検出がとても難しい。検出が難しい偽フェイク画像で検出AIを鍛えるため、フェイク画像を見つける性能が高くなる。

ディープフェイクでは元の画像と偽物の顔画像を合成してフェイク画像を作る。この合成時の不整合を再現して検出AIに学習させるとフェイクであることを見破れる。

今回、不整合が非常に小さな偽フェイク画像を生成する技術を開発した。1人の顔写真から色や周波数成分、画像の大きさをわずかに変更した画像を2枚作り、この2枚をブレンドして偽フェイク画像を作る。従来技術は顔が似た別人の顔をブレンドして偽フェイク画像を作成していた。

既存のフェイク検出AIと比べたところ五つのデータセットのうち四つで最高性能を出し、世界最高性能となった。フェイク画像の撲滅につながる。

日刊工業新聞 2022年5月19日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる