航空機リース業界世界2位に、三井住友FLがアイルランド社買収

  • 1
  • 0

三井住友ファイナンス&リース(SMFL)は、アイルランドの航空機リース会社ゴスホークを買収する。傘下の航空機リース会社SMBCアビエーションキャピタル(SMBCAC)がゴスホークの全株式を取得し、完全子会社化する。買収額は約15億ドル(約1900億円)。既存保有分を含め1000機規模の運営体制と、航空機リース業界で世界2位グループとなる。

不動産などを展開する香港のNWSホールディングス(HD)、香港を拠点に不動産開発などを手がける周大福が保有する株式を取得する。ゴスホークはSMBCACと同様に国内線など向けの単通路機(ナローボディー機)が中心。ゴスホークが保有するロシア向け機材は買収の対象外とする。


【関連記事】 航空機リースのからくり

日刊工業新聞2022年5月18日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる