トヨタ「レクサスRZ」が採用、調光パノラマルーフのスゴい性能

  • 0
  • 1
開発した特殊コートの調光パノラマルーフ。調光/透過モードを切り替えられる(イメージ)

AGCが開発した特殊な金属膜をコートした調光パノラマルーフが、2022年後半にトヨタ自動車が発売するバッテリー電気自動車(BEV)専用モデル「レクサスRZ」に採用された。高い遮熱、断熱性能を持つ低放射ガラスの使用によってパノラマルーフの開放的な車内環境と快適な車内温度を両立でき、サンシェードの廃止による車体の軽量化にも貢献する。

従来のパノラマルーフは、光を取り込んで開放的な車内空間を作る一方、日射熱や外気の影響を受けやすいことから、車内を快適に保つためにサンシェードが必要だった。開発した車載用の特殊低放射コート技術は、遮熱、断熱性能の向上により、夏の暑さと冬の寒さを抑える。

日刊工業新聞2022年5月17日

キーワード
AGC トヨタ自動車

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる