防衛省、ウクライナにドローン提供

  • 0
  • 0

防衛省はロシア軍の侵攻を受けているウクライナ政府の要請に応じて、自衛隊が保有する飛行ロボット(ドローン)や防護マスク、防護衣を同国に無償供与することを決めた。民間輸送機で近隣国へ運ぶ予定で、数量や種類などは調整中。ドローンは民生品として売られている機種で小型のマルチコプタータイプ。自衛隊では施設内に人が立ち入ってないケースや、監視用に使っているという。機種は複数になる見通しで、国産機か米国や欧州製かは明らかにしなかった。

防護衣や防護マスクはロシア軍が化学兵器を使う可能性を念頭に置いているとみられる。

日刊工業新聞2022年4月20日

キーワード
防衛省 ウクライナ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる