マツダ「CX-60」世界初公開、新たな旗艦車になるか

  • 0
  • 0

マツダは、欧州法人を通じ現地で新型スポーツ多目的車(SUV)「CX―60」を世界初公開した。欧州向けモデルは既に受注を始めており、今夏の発売を予定する。

11日から防府第2工場(山口県防府市)で量産を開始する。日本向けモデルは4月上旬に公開するが、国内での発売時期や価格などは、現時点では明らかにしていない。

CX―60は2列シートの中型SUVで、マツダのラインアップでは車体の大きい「ラージ商品群」の第1弾となる。同社の新たな旗艦車種としてブランドを支える柱に育てる。

マツダは、2023年までにCX―60を含めラージ商品4車種を、需要の高いSUV市場に投入する予定。既存のSUV商品と併せ、各市場の特性や顧客ニーズごとにラインアップを拡充する。

欧州仕様車は、2500ccの直列4気筒ガソリンエンジンと、電動モーターを組み合わせたマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e―スカイアクティブPHEV」を搭載し、環境面や安全性能などを向上させた。

日刊工業新聞2022年3月10日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる