【キーワード・30秒解説】ドラッグリポジショニング

  • 0
  • 0
既存の薬を別の病気の薬にも使う

既存薬の新しい効能を発見して、別の病気の治療薬として使う医薬品の開発方法。既存薬はヒトでの安全性や製造方法などが確認されているため、くすりを候補物の探索から始めるよりもリスクやコストが低く、迅速に開発できる。新型コロナウイルス感染症が流行し、治療薬が求められる中で、ドラッグリポジショニングによる医薬品は短期間で承認が得られるため、一層注目されるようになった。

《ドラッグリポジショニングの今がわかるニュース》
 コロナ治療薬に期待「イベルメクチン」はオミクロンにも効果あり
 【新型コロナ】レムデシビル、アビガン、富岳...第2波を防ぐ!ワクチン・治療薬最前線
 臨床研究相次ぐiPS細胞、「再生医療」「創薬」に続く第三の道

【「ドラッグリポジショニング」の記事をもっと読みたい】

透過型電子顕微鏡で撮影した新型コロナウイルス(NIAID−RML提供)

ニュースイッチオリジナル

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる