モータースポーツでCO2ゼロ燃料領域に挑むホンダ、社長が語ったこと

  • 0
  • 0
今年のモータースポーツ活動計画を発表する、ホンダの三部社長

ホンダは2022年のモータースポーツ活動で、電動化に加えてカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)燃料の領域に乗り出す。会見した三部敏宏社長は「モータースポーツをサステナブル(持続可能)でより魅力的な存在にしたい。カーボンニュートラル燃料については航空機向けのガスタービンエンジンなど、電動化が難しいモビリティーへの活用が期待できる」と説明した。

ホンダにとって22年は自動車レースの最高峰「フォーミュラワン(F1)」撤退後、初のシーズンとなる。三部社長は「ホンダは創業期からレースを通じて人と技術を磨いてきた会社。モータースポーツの重要性は変わらない」と強調した。

日刊工業新聞 2022年1月17日

キーワード
ホンダ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる