米科学誌サイエンスが選定、2021年・10大科学業績のトップは?

  • 1
  • 15
AIによるたんぱく質の立体構造の予測例(サイエンス提供)

米科学誌サイエンスは、17日号で2021年の10大科学業績「ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー」のトップに、人工知能(AI)によるたんぱく質の立体構造予測を選んだ。疾病治療薬の開発などに役立てられることから、ゲノム編集のCRISPR/Casや低温電子顕微鏡法に匹敵する革新的な業績と評価している。

対象となったのは、二つの研究チームによる別個の成果。米グーグル系の英ディープマインドが「アルファフォールド2」を、米ワシントン大学が「ロゼッタフォールド」を開発した。いずれもたんぱく質に含まれるアミノ酸の情報をもとに、幅広い種類のたんぱく質の複雑な折り畳み構造を、短時間に高精度で予測できる。

その他の注目業績には、新型コロナの抗ウイルス治療薬、新型コロナや感染症に対する人工抗体、地上探査機による火星での地震観測、CRISPRの臨床応用、米国立点火施設(NIF)でのレーザー核融合実験の進展などが選定された。

日刊工業新聞2021年12月17日

キーワード
人工知能 科学

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる