【キーワード・30秒解説】力覚センサ

  • 1
  • 1
ロボット、微妙な力加減がわかるように

力やモーメントの大きさ、方向を測定する装置。力とモーメントをx・y・zの3つの方向に分けて測定する。ロボットに人間のような触覚を与えるためのセンサーで、搭載した産業用ロボットは、人間のように、ものに触れると、それをどの程度の力で掴むべきかなどを判断できるようになる。

《力覚センサの今がわかるニュース》
 加工コストが4割減へ。トヨタ紡織が車用シートの骨組み溶接工程を一部自動化
 産業ロボ導入に必要な時間を1週間から4時間に短縮、川崎重工がインターフェース公開
 壁面塗装の熟練技術を記録継承、センサー付きローラーブラシが面白い

【「力覚センサー」の記事をもっと読みたい】

開発したセンサー付きローラーブラシ(信州大提供)

ニュースイッチオリジナル

関連する記事はこちら

特集