集配業務の実証始めた日野自動車のEVトラック、荷役作業を効率化する“ならでは”の工夫

  • 0
  • 2

日野自動車は、ヤマト運輸と小型電気自動車(EV)トラック「日野デュトロZ(ズィー) EV=写真」を使った集配業務の実証実験を始めた。温室効果ガス排出量の削減効果などを確認する。実証期間は2022年5月末までの約6カ月で、小型EVトラック2台を使用する。実施場所はヤマト運輸の日野日野台センター(東京都日野市)と狭山中央センター(埼玉県狭山市)。

今回の実証実験では、脱炭素に向けた有効性のほか、集配業務の効率性や作業負荷の低減効果も確かめる。ヤマト運輸は実証実験を通して今後のEVトラック導入を検討する。

デュトロZ EVは22年初夏に発売する日野自初の量産EVトラック。EVならではの超低床構造で荷役作業の効率を高められるように設計した。充電1回当たりの航続距離は100キロメートル超。

日刊工業新聞2021年11月25日

関連する記事はこちら

特集