ファイバーレーザーで切り込む。アマダが鋼材・鉄骨市場に参入の狙い

  • 0
  • 0

アマダはファイバーレーザー加工機事業で鋼材・鉄骨市場に進出する。同社はこれまで薄板・精密板金市場向けを主要ターゲットにレーザー加工機を展開してきた。18日会見した磯部任社長は「薄板・精密板金だけではなく、鋼材市場にファイバーレーザーで切り込んでいきたい」と意気込みを示した。

鋼材加工では従来、プラズマ加工機が主に切断用に使われているが、法規制の改定でレーザーによる穴開けが可能になった。プラズマ加工時の粉塵が法規制の対象となるなど、レーザー加工機の導入拡大に追い風が吹いている。

新開発の「LCバルスターAJシリーズ」は、富士宮事業所(静岡県富士宮市)で生産し、バンドソーなどで鋼材加工業者を顧客に持つアマダマシナリー(神奈川県伊勢原市)が販売する。同社は10月1日付で営業や技術、サービス担当者ら約100人で構成する専門組織「鋼材レーザ推進本部」を新設した。

出力10キロワットのレーザー発振器を搭載。加工内容に応じてレーザー光を最適な形状に変更でき、高速の穴開けと高品位の切断を実現する。大板材用パレットでも俊敏に軸移動できる光走査式を採用し、自走式レーザー加工機と比べて加工時間を2―3倍早められる。

材料の搬入・搬出を自動化したことで長時間連続運転が可能なほか、フルパーテーション構造で粉塵の飛散防止や騒音低減効果も見込める。自動化により、人為的ミスの軽減と作業者の安全性向上にもつながる。

日刊工業新聞2021年11月19日

関連する記事はこちら

特集