ヤマハ発動機がロードスポーツバイク「MT―10」改良、向上した性能は?

  • 0
  • 0

ヤマハ発動機は、ロードスポーツバイク「MT―10」(写真)とスポーツコミューターバイク「TMAX」を一部改良し2022年に欧州と日本で発売する。走行性能の向上などを図った。

25日からイタリア・ミラノで開かれる展示会「国際モーターサイクルエキシビション(EICMA)」に出展する。

MT―10はMTシリーズのフラッグシップモデル。エンジンは吸排気系を見直し、出力アップと排出ガス規制「EU5」への適合を図った。最高速度を制限できるYVSLシステムを同社で初採用した。

22年2月に欧州で発売し、日本投入は秋以降。上級モデル「MT―10SP」は電子制御サスペンションなどをアップデートした。

TMAXには、スマートフォンと接続するコネクテッド機能を搭載した。新タイヤの採用や、サスペンションの設定変更で走行性能を高めた。

22年3月に欧州で、夏以降に日本で発売する。上級モデル「TMAX Tech MAX」はクルーズ制御システム、調整機能付きリアサスペンションなどを搭載した。

日刊工業新聞2021年11月22日

関連する記事はこちら

特集