通常では不可能な組み合わせで特別な1台を!FCAジャパンが小型車で企画

  • 0
  • 0

FCAジャパン(東京都港区、ポンタス・ヘグストロム社長)は、小型車「アバルト595=写真」シリーズのカスタマイズ企画「メイク・ユア・スコーピオン」を始めた。全カタログモデルで車体やシート、アクセサリーパーツの色を自由に選べる。組み合わせは7500通り。サービス利用料は11万円(消費税込み)。一部の色はオプション費用が別途生じる。

通常では不可能な組み合わせを選択でき、特別な1台を作れる。車種によって選択できる本体色や組み合わせが異なる。12月21日まで実施し、生産開始は2022年以降を予定。特設ウェブサイトを用意する。

日刊工業新聞2021年11月2日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる