意外と知らない。「海の温暖化」が生物に与える影響を学ぼう

おすすめ本の抜粋「トコトンやさしい地球学の本」

  • 2
  • 10

海の無酸素化拡大―海の生物の消失

 

世界中で海に異変が起きています。日本では日本海などで、過去100年の間に0.7℃〜1.7℃水温が上昇しています。本州からその南でよく獲れるブリは、北海道の海で大量に水揚げされ、2011年頃から増大しています。ブリは水温23℃が限界といわれており、魚は生息に適した水温があり、水温の変化で、生息域が変わってきました。水温が1℃上昇すれば魚に大きな影響を与えます。温暖化の影響で水温が上昇しています。

 

大気の二酸化炭素の濃度を調節するため、海はその約3割を吸収しています。ところが人間活動から排出されている二酸化炭素は、海洋が吸収する限界を超えてきており、二酸化炭素の増大で海は酸性化が進んでいます。海は熱も吸収しています。海洋自身の温暖化です。二酸化炭素(CO)は水に溶けると酸性となり生物の殻や骨格になっている炭酸カルシウムの生成を妨害します。

 

海水に溶けたCOは炭酸水素イオン(HCO3)や炭酸イオン(CO32-)のようなイオンになり、大半が炭酸水素イオンとして存在しています。CO濃度が増えると、イオンが海水に溶けきれなくなって過飽和の状況となり、固体の炭酸カルシウム(CaCO3)を形成しやすい状態にします。二酸化炭素は海水中の炭化カルシウム(CaC2)を分解させるとともに、酸素を吸収して炭酸を生成し、酸素欠乏でプランクトンが生きられなくなります。ニシクロカジキは淀んだ深海には潜りません。巨大な低酸素海域があるからです。

 

海洋無酸素事変は海水中の酸素欠乏状態が広範囲に拡大し、海洋環境を一変させ、生物の大量絶滅につながります。
 海底付近は無酸素(または極度の低酸素)状態となり、酸素不足の海は、生命が住めない環境となり、酸欠海域(死海)となっていきます。温暖化で酸素欠乏の海が拡大しています。海の生物が消えていきます。
(「トコトンやさしい地球学の本」p.110ー111より一部抜粋)

<書籍紹介>
地球は、時速1500キロという超高速で自転し、巨大で、46億年という長い歴史を通して形作られてきた。今、様々な要因で地球の環境は変わりつつあり、危機に瀕している。そこで本書は、地球の基礎からその将来、そして新たな地球の見方までを解説する。

書名:トコトンやさしい地球学の本
著者名:西川有司 (著)
判型:A5判
総頁数:160頁
税込み価格:1,650円

<執筆者>
西川有司(にしかわ・ゆうじ)
1975年早稲田大学大学院資源工学修士課程修了。1975年〜2012年三井金属鉱業(株)、三井金属資源開発(株)、日本メタル経済研究所。放送大学非常勤講師(2014〜2018)。
主に資源探査・開発・評価、研究などに従事。その他グルジア国(現在ジョージア)首相顧問、資源素材学会資源経済委員長など。
現在、EBRD(欧州復興開発銀行)EGP顧問、英国マイニングジャーナルライターなど。

<販売サイト>
Amazon
Rakuten ブックス
日刊工業新聞ブックストア

<目次(一部抜粋)>
第1章 地球とはいったいどんなものなのか
地球は不思議な惑星だ/宇宙の中の地球/地球の内部はどうなっているのか/月と地球の関係は/地球の重力とは?

第2章 地球はどう見えてきたのだろう
地球の見方は様々あった/紀元前の地球のとらえ方/コペルニクスの天体革命/地球平面説から球体説への変貌/宇宙に浮かぶ地球―惑星の比較、組成から見た地球

第3章 もっと私たちの地球を知ろう
地球の内部は成層構造/地殻はマントル対流で動く/大気圏の動き/気象変化と地磁気の影響は/火山の活動が地球の姿を変える/様々な資源

第4章 温暖化現象が地球を脅かす
炭酸ガスが増大している/温暖化はどんな現象か/気候の変化が極端になってきた/生態系の変化/温暖化に起因する災害

第5章 地球でおこっている異変の顕在化
人類を取り巻く異変/人類がつくり出した脅威/巨大地震の脅威/海の無酸素化拡大/気候変動の脅威

第6章 地球の異変はくいとめられるのか
気候変動への対処/放射能はどうなるのか/微細プラスチックによる脅威/冷えていく地球

第7章 これからの地球の行方
地球の行方―希望はあるのか/生物は消えていくのか/人類はいなくなるのか/地球脱出は可能か/地球の消滅は現実なのか。太陽に飲み込まれるのか/地中生活の可能性/人類の希望/未来の地球

関連する記事はこちら

特集