東レが開発。人にも地球にも”優しい”ゴム補強繊維用接着剤がスゴイ

  • 0
  • 2

東レは長期的な暴露で身体に影響を及ぼす可能性のある成分のレゾルシン・ホルムアルデヒド(RF)を含まないゴム補強繊維用の接着剤を開発した。植物由来成分の原料を使うため、環境配慮にもつながる。

子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)で新たな接着剤を使ったゴム補強用織物製品(コード)のタイヤコードや自動車ホース用コードに利用する。新接着剤での製品販売は2023年を目指す。

東レは従来から保有する合成繊維とゴム組成物を接着する基本技術をベースに、接着剤の組成の最適化を行うことで、RF入りと同等の性能を持つ接着剤を開発した。

合成繊維への接着剤加工プロセスでのRFの排出を抑えることで環境負荷を低減。また接着剤成分に植物由来原料を用いるため、従来より温室効果ガス排出量を抑えられる。炭素繊維やビニロン繊維など他の合成繊維とゴム組成物の接着にも使える。

タイヤや自動車用ベルトなどのゴム製品には、補強材としてナイロンやポリエステルをはじめとする合成繊維が広く使われている。これらのゴム製品を補強する際、合成繊維とゴム組成物を接着させるのにRFを含む接着剤が使われてきた。

日刊工業新聞2021年8月5日

キーワード
東レ こむ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる