自由にVR空間を構築できる。ISIDが新システムで狙う顧客

  • 0
  • 3
CoVRでVR空間に実物大の3Dモデルを表示

電通国際情報サービス(ISID)は、仮想現実(VR)を活用した多拠点間の仮想コラボレーション(協働)システム「CoVR(カバー)」を8月2日に発売する。VR空間上に実物大の3Dモデルを表示し、遠隔地にいる複数のユーザーがインターネット経由で、あたかも同じ空間で一つの3次元(3D)モデルを一緒に確認し、操作しているような仮想環境を提供する。

サーバーライセンス(使用許諾権)料は年間150万円(消費税抜き)、1端末当たりのライセンス料は年間30万円(同)。製造やメンテナンス業、小売業などを中心に3年間で50件の販売を目指す。

実際の設計・検討データを活用することで、精緻な3Dモデルの表示が可能。

また、3Dモデルにはドアの開閉など、実際に機器を動かした際のイメージとなるアニメーションを付与し、VR空間上で再生できる。

3Dデータとは別に背景の入れ替えが可能で、自由にVR空間を構築できる。3Dでモデリングした背景のほか、撮影した360度の静止画・動画も背景として利用できる。VR空間上に設置された大画面へのPDF表示や、3Dデータの断面閲覧、パーツ単位の表示・非表示などの機能も備える。

日刊工業新聞2021年7月9日

関連する記事はこちら

特集