トヨタ、旧型「スープラ」の復刻部品を拡充して発売

  • 0
  • 0

トヨタ自動車は、スポーツ車の旧型「スープラ」の復刻部品を拡充し、7月から国内外で順次発売する。対象は1986年に発売した「A70スープラ=写真」と93年に発売した「A80スープラ」で、シリンダーやリアエンブレム、フロントバンパーなど計12品目を追加する。

7月1日以降、準備の整った部品から品番や価格などの詳細を専用ホームページで公開すると同時に、トヨタの販売店で順次購入できる。工場での生産期間終了後は在庫限りでの販売となる。20年にプロペラシャフトやヘッドランプなど計7部品を復刻しており、旧型スープラの復刻部品はこれで計19品目となる。

トヨタは廃版となった交換部品を復刻して純正部品として再販売するプロジェクトを進めており、旧型スープラに加え、67年に発売したスポーツ車「2000GT」の部品も復刻している。

日刊工業新聞2021年7月1日

キーワード
トヨタ

関連する記事はこちら

特集