山岳トンネル工事が安全で効率的に。西松建設が遠隔計測を実現

  • 0
  • 0
計測機器を搭載した計測台車

西松建設はジオマシンエンジニアリング(東京都荒川区)と山岳トンネル工事の遠隔操作計測システム「トンネルリモスメジャー」を開発した。任意の計測機器を搭載した計測台車を、オペレーターがモニターで確認しながらリモコンで操作。切羽(掘削面)近傍の写真撮影と変位計測などの作業が遠隔でできるため、生産性や安全性が向上する。

同システムは計測台車(幅100センチ×長さ115センチ×高さ150センチメートル)と操作システムで構成。足回りはクローラーで、重機とすれ違う狭い箇所や不整地での走行や旋回が可能。昇降リフトにより計測機器は使用場面に応じて高さが調節できる。カメラや高速3次元(3D)レーザースキャナー、ガス検知器など搭載する計測機器により、人工知能(AI)による切羽評価や、あたり箇所の検知、面的変位のリアルタイム計測、可燃性ガスなどの坑内環境が把握できる。

動力源はリチウムイオンバッテリーを搭載し、坑内の環境保全を図った。リモコン操作は切羽から数十―100メートル程度離れた場所やトンネル内の遠隔操作室から行う。今後は遠隔操作技術を高め、トンネル外からの遠隔操作を目指しトンネル工事の無人化施工の実現に向けた取り組みを加速する。

日刊工業新聞2021年5月24日

キーワード
西松建設

関連する記事はこちら

特集