総事業費は約110億円。帝国ホテルが2026年に京都で開業

  • 0
  • 0
建物には国の登録有形文化財「弥栄会館」の一部を保存活用する

帝国ホテルは4軒目となる「帝国ホテル」を京都・祇園に開業する。建物には国の登録有形文化財「弥栄会館」の一部を保存活用する(写真)。開業は2026年春を予定する。祇園甲部歌舞練場がある敷地の一部を賃借し、地上7階、地下2階建てのホテルを建設する。約60室の客室やレストランなどを備える計画。外観のデザインは弥栄会館を引き継ぎ、外壁などの一部には弥栄会館の部材を使う。総事業費は110億円程度を見込む。

日刊工業新聞2021年5月14日

キーワード
帝国ホテル 弥栄会館

関連する記事はこちら

特集