大林組と慶応大が建設技能作業再現システムを開発、微細な調整も可能に!

  • 1
  • 2
マスター側の操作状況

大林組は、慶応義塾大学と左官作業の手の動きや力、力触覚を遠隔で再現する「建設技能作業再現システム」を開発した。力触覚を再現する技術「リアルハプティクス」の適用と視覚情報により、細かい表面の仕上がり状況など職人が必要とする視覚情報が取得でき、微細な調整も可能にした。実証では厚さ1ミリメートル以下の精度でコテの動きを実現し、通常の左官作業と同等の仕上げ結果を再現した。

リアルハプティクスは、現実の物体、周辺環境との接触情報を双方向で伝送し、力触覚を再現する技術。

同システムはコテを模したハンドル装置(マスター)と、現場で動作するコテを設置した遠隔操作によるアバターロボット(スレーブ)で構成する。マスター側がスレーブから送信された映像を視覚で確認しながら、ハンドルで再現されるコテの力触覚と、実際にコテを壁に当てたような感触を感じながら作業する仕組み。スレーブ側はマスターで動かしたハンドルの角度や力の入れ具合を、リアルタイムに再現する。

今回のシステムは、大林組と慶大グローバルリサーチインスティテュートハプティクス研究センターが共同開発した。

日刊工業新聞2021年3月25日

キーワード
大林組 慶応義塾大学

関連する記事はこちら

特集