川重がバングラデシュに都市高速鉄道の車両6両出荷、車内外に監視カメラ装備

  • 0
  • 0

川崎重工業はバングラデシュのダッカ都市交通会社向けに、都市高速鉄道の車両(写真)6両を出荷した。軽量で耐久性が高いステンレス製の車両で、室内用に加えて車外用の監視カメラを装備した。ワンマン運転時に乗降客やプラットホームの状況を確認でき、安全性を高められる。大容量の空調装置を1両に2台搭載し、現地の高温多湿の気候に対応する。4月にダッカの車両基地に到着して同社に引き渡す。

車両(先頭車)は長さ19・8×幅2・95×高さ4・1メートル。川重は三菱商事と共同で同都市高速鉄道の車両144両を受注している。

日刊工業新聞2020年3月8日

キーワード
川崎重工業

関連する記事はこちら

特集