ホンダの世界初「レベル3」自動運転車、高速道路の交通事故はどこまで減るの?

  • 0
  • 0
「ホンダセンシングエリート」を搭載した「レジェンド」

ホンダは4日、世界初となる一定の条件下で自動運転が可能な「レベル3」の機能を設定した高級セダン「レジェンド」を5日に市場投入すると発表した。限定領域ながらシステムが運転手に代わり操作する。完全自動運転の足がかりとなるレベル3の搭載車が世界に先駆けて日本の公道を走りだす。安全技術の進化にも期待がかかる。(松崎裕)

「今までの自動車は人が動かすもの。自動車が本当の意味で自ら動く車へ、新たな歴史が始まろうとしている」。4日のオンライン発表会で、ホンダの研究開発子会社、本田技術研究所の杉本洋一先進技術研究所エグゼクティブチーフエンジニアは、レベル3を搭載する意義を強調した。

先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」に安全技術を高めた「エリート」を設定。高速道路での渋滞時に、システムが運転手に代わって操作するレベル3の機能「トラフィックジャムパイロット」を搭載した。

レジェンドは国土交通省の特定整備認証を取得した販売店で扱う。メーカー希望小売価格は1100万円(消費税込み)。車両メンテナンスを確実にするためリース専用車とした。限定100台。レベル3に対応する任意保険を用意した。

レベル3が作動する走行条件は、高速道路での同一車線内での走行に限られる。時速約30キロメートル以下で作動を開始し、作動開始後は約50キロメートル以下という限定領域ながらシステムが運転手に代わり操作する。運転手は前方を注視しなくてもよい「アイズオフ」が可能。カーナビゲーションシステムの画面を注視でき、テレビやDVDなどの映像を視聴できる。

システムの開発では実際の走行条件を想定しながら約1000万通りのシミュレーションを実施。テスト車両を用いて国内の高速道路を約130万キロメートル走行し実証実験を繰り返した。杉本氏は「自動運転システムは自ら事故を引き起こさないことが求められる」と安全性と信頼性の確立に力を入れてきたことを強調する。

ベル3の投入は完全自動運転を見据えた技術進化の一端を示す。同時に、ホンダが自動運転で目指すのは交通事故の削減だ。ホンダによると高速道路での速度別事故で、約半数が時速50キロメートル以下で発生。運転手の脇見運転や判断・操作ミスが原因となり大半が追突事故につながっているという。レベル3ではこういった渋滞時の人的な操作ミスによる事故削減につながりそうだ。杉本氏は「自動運転技術はヒューマンエラーを排除でき、今の交通事故を大きく削減できる可能性がある」と事故ゼロ社会の実現に向けアクセルを踏む。

日刊工業新聞2021年3月5日

関連する記事はこちら

特集