大手商社の業績上向く、自動車・食品など好調で半数以上が上方修正

  • 0
  • 6

大手商社の業績が着実に回復している。7社の2021年3月期連結業績予想(国際会計基準)が出そろい、三井物産、住友商事、丸紅、豊田通商の4社が21年3月期の当期損益見通しをそれぞれ上方修正した。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ自動車関連が復調しつつあるほか、食料や化学品などが各社の従来想定に比べ堅調だったことなどを反映させた。

住友商事は当期損益予想を従来の1500億円の赤字から1200億円の赤字(前期は1713億円の黒字)に上方修正した。一過性損失は3000億円(従来見通しは2500億円)を見込む一方で、一過性損失を除いた業績が回復していることを反映させる。

三井物産は当期利益見通しを前回予想比900億円増の2700億円に上方修正した。鉄鉱石価格の上昇を受け、金属資源セグメントにおいて350億円上方修正するなど複数セグメントで回復が見られた。

丸紅は当期利益見通しを同400億円増の1900億円の黒字(前期は1974億円の赤字)に引き上げた。原油や銅などの資源価格が従来想定を上回って推移したことでエネルギーや金属の業績が改善。穀物相場の上昇を背景にアグリ事業も好調だった。

豊田通商は同400億円増の1200億円を見込む。車載エレクトロニクス関連が堅調な点もプラス材料となりそうだ。

伊藤忠商事、三菱商事、双日は従来予想を据え置いた。伊藤忠商事は食料や情報・金融が堅調に推移。当期利益見通し4000億円に対する進ちょく率は91%と順調に推移した。三菱商事は三菱自動車工業の構造改革費用の取り込みなどを見込み、従来予想を据え置いた。

キーワード

関連する記事はこちら

特集