日産「ノート」に4WDモデル、新型車の性能は?

  • 0
  • 1

日産自動車は小型車「ノート=イメージ」の新型車に4輪駆動(4WD)システムを搭載したモデルを追加して2020年度内に国内で発売する。4輪すべてを強力なモーターで駆動・制御し、深い雪道などあらゆる路面状況でも力強く安定した走りを実現した。消費税込みの価格は228万8000円から。

後輪側に同社従来比約14倍の駆動力を発生する50キロワットのモーターを搭載。前輪の85キロワットの駆動用モーターとの組み合わせで、スムーズな発進加速を実現した。コーナリングでは前後の駆動力の配分を自動で変更するなど快適な走りも追求した。後輪には回生制御を追加し、エネルギー回収効率も高めた。

日産はノートを8年ぶりに全面改良して20年12月23日に国内で発売した。エンジンを発電のみに使いモーターで駆動する独自のハイブリッドシステム「eパワー」を搭載。HV専用車として開発資源を集中し、電気自動車(EV)に近い上質な走りの追求や運転支援機能の充実などを図った。

日刊工業新聞2021年1月11日

キーワード
日産 ノート

関連する記事はこちら

特集