子宮頸がんが子どもの肺がんに移行...産声で吸い込む羊水が原因

国立がん研などが発見

  • 1
  • 0

国立がん研究センターを中心とする研究グループは、母親の子宮頸(けい)がんが出産時に子どもの肺に移行する現象を発見した。同センターのがん遺伝子パネル検査で、小児がん患者2人の肺がんの遺伝子を解析した結果、患者以外の遺伝子配列が検出された。子どもが生まれて初めて泣いたときに、母親の子宮頸がんのがん細胞の混じった羊水を肺に吸い込むことで移行することを突き止めた。患者1人は免疫療法で治っており、新しい治療法の開発が進むことが期待される。

肺がんを発症する小児がん患者は人口100万人中1人未満とされる。対象の男児2人の母親がともに子宮頸がんを発症していたことから、研究グループはまず、男児の肺がんと正常の組織、母親の子宮頸がんと正常の組織について遺伝子を比較。男児の肺のがん細胞は母親由来の遺伝情報を持っていることが分かった。

男児と母親のがんの両方から子宮頸がんの原因となる同じタイプのウイルスの遺伝子が検出されたことなどから、母親の子宮頸がんが移行して発症したと結論付けた。

男児1人には免疫チェックポイント阻害剤「ニボルマブ」を投与。がんが消失する効果を示した。母親由来の細胞は子にとって自分の細胞でないことから、子の免疫細胞によって異物と認識され免疫応答が高まることが分かった。

東京慈恵会医科大学や聖路加国際病院、国立成育医療研究センター、東邦大学、北海道大学病院との共同研究。

キーワード
子宮頸がん 肺がん

関連する記事はこちら

特集