トヨタが3メガバンクと「製造業支援ファンド」を設立する狙い

  • 0
  • 3
トヨタの豊田章男社長

トヨタ自動車は7日、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、投資会社のスパークス・グループとともに、国内の製造業に投資するファンドを設立したと発表した。優れた技術や人材、サービスを有する国内のモノづくり企業に投資するほか、生産や経営戦略の策定など実務面でもサポートする。2021年10月末までをめどに、企業や投資家から追加出資を募り、総額200億円の運用規模を目指す。

新設した「日本モノづくり未来ファンド」は、スパークスが運営者となり、足元でトヨタ、三井住友銀、三菱UFJ銀、みずほ銀が123億円を出資する。12月から運用を始めた。

3メガバンクが培ってきたファイナンスや投資活動の知見、ノウハウを活用し、国内モノづくり基盤の底上げにつなげる。トヨタはファンドへの出資に加え、トヨタ生産方式(TPS)による生産改善や事業戦略の策定・実行といった支援を提供する。

金融支援に留まらない多面的なサポート体制を構築して、国内製造業の長期的な成長・発展を後押ししていく。

日刊工業新聞2020年12月8日

キーワード

関連する記事はこちら

特集