日立建機が大型ショベルをモデルチェンジ、遠隔操作や自律運転にも対応

  • 0
  • 1
日立建機の超大型油圧ショベル「EX2000―7」

日立建機は超大型油圧ショベル「EX2000―7」を2021年10月に発売する。現行機種の「同1900―6」をモデルチェンジ。作業量を維持したまま、燃料消費量を最大19%低減した。1台当たりの二酸化炭素(C02)排出量を年間460トン減らせる。価格は非公表。燃費性能に対するニーズが強い中小規模鉱山会社向けに売り込む。

高い燃費性能は油圧回路の刷新や、作業モード選択機能の追加で実現した。操作パターンやフロントの姿勢条件に応じてバルブ内部の作動油流量を制御するシステムを開発。ショベルが掘削・旋回・放土を繰り返す動作パターンやフロントへの負荷のかかり具合に応じて、各シリンダーや旋回モーターにつながる作動油の流量を個別に制御。エネルギー効率を改善して燃料消費量を抑える。

現場の状況や作業内容に応じてハイパワー、パワー、エコノミーの作業モードを切り替えられ、燃料消費量を節約できる。ブームとアームの接合部分や車体フレームは上位機種と同じ構造にし、強度を高めた。21年度に実証実験を始める予定の遠隔操作や自律運転機能の後付けにも対応している。


【関連記事】 建機メーカーが大注目する異色のレンタル会社

日刊工業新聞2020年11月11日

関連する記事はこちら

特集