次世代電池技術で世界をリード、特許出願上位10社中7社が日本企業!

  • 1
  • 22

欧州特許庁(EPO)と国際エネルギー機関(IEA)は、2000―18年の電池技術の特許出願件数の世界上位10社のうち7社をパナソニックやトヨタ自動車などの日本企業が占めるとする調査結果をまとめた。さらに14―18年にリチウムイオン電池関連の特許発明者数で日本は世界全体の4割にのぼることを明らかにした。日本が次世代電池技術の開発競争で世界をリードしていることが分かった。

00―18年の電池技術の特許出願件数の1位は韓国のサムスン。日本企業は上位10社のうち7社を占め、さらに上位25社のうちの13社が日本を拠点としている企業であることが分かった。

IEAのシナリオによると、気候変動と持続可能なエネルギーの目標達成には40年までに世界で現在の市場規模の50倍に相当する1万ギガワット時(ギガは10億)の電池やエネルギー貯蔵量が必要になるとされている。

報告書では、05―18年で電池や蓄電技術の特許出願の平均年間成長率が、全技術分野の4倍となる14%に到達。さらに18年の蓄電に関する新規の「国際特許ファミリー(複数国への特許出願のまとまり)」は00年の7倍以上となる7000件以上にのぼった。

日刊工業新聞2020年9月28日

キーワード
電池 特許

関連する記事はこちら

特集