「ノート」向け踏み間違い加速抑制アシスト、日産が小型車に装備拡大

  • 0
  • 0

日産自動車は、アクセルとブレーキの踏み間違いによる急加速を抑制する後付けの安全装置「後付け踏み間違い加速抑制アシスト=写真」を発売した。消費税込みの価格は7万3700円。取り付け費は別途かかる。小型車「ノート」を対象とした商品で、順次対象車種を広げる。

前後のバンパーに計四つの超音波センサーを取り付け、周囲の障害物を検知する。発進時に時速10キロメートル以下で、車両の前後方向約3メートル以内に壁やガラスなどがある場合、車内に取り付けた表示器のブザー音で注意喚起する。さらに障害物を検知している状態で、ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだとシステムが判断すると、加速を抑制すると同時に車内の表示器にアラートを示し、ブザー音で知らせる。

日産はペダルの踏み間違いによる事故防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」を2012年に「エルグランド」に搭載。これまでに多くの車両に類似の機能を装備して販売している。

日刊工業新聞2020年9月11日

キーワード
日産自動車

関連する記事はこちら

特集