中国のマスクメーカー、供給過剰で年内までに95%が破綻か

現地メディア報道、価格急落で輸出も苦戦

  • 1
  • 9

中国のマスクメーカーが年末までに95%が経営破綻するー。中国英字紙グローバル・タイムズによると、新型コロナウイルスの流行が下火になった中国でマスクの供給能力が需要を大幅に上回り価格が急落。その結果、専門家などを見方を紹介し、米国食品医薬品局(FDA)や欧州連合(EU)の輸出許可を持つ5%しか生き残れないと報じている。

同紙によると、コロナ流行が本格化した2月には数百社程度だった中国のマスクメーカーは1万社を突破。1―6月の繊維製品(マスク含む)輸出額は前年同期比3割以上増加した。しかし現在、国内のマスク生産能力は世界全体の需要を上回り、世界中の人が毎日1枚使ったとしても、生産能力が過剰になっているという。

キーワード

関連する記事はこちら

特集