ついに日本人も月へ!?日米が月探査協力で共同宣言

  • 0
  • 1
共同宣言に署名したNASAのブライデンスタイン長官(左)と萩生田文科相(代表撮影)

文部科学省の萩生田光一文部科学相は10日、米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官と日米月探査協力に関する共同宣言に署名した。月・火星に有人着陸を目指す米国の「アルテミス計画」への参加に伴い、国際宇宙ステーション(ISS)での民生宇宙分野での協力や、有人宇宙探査に向けた主要技術の実証に向けた協力などが盛り込まれた。今後の宇宙探査に必要な技術開発や国際協力などが進むと期待される。

月を周回する有人拠点「ゲートウェー」に関して、居住棟で使う電源機器や環境制御・生命維持システムなどを提供する。ISSやゲートウェーへの物資輸送システムを確立するために、ISSへの新型補給機「HTV―X」で実証実験する。ゲートウェーを宇宙船の発着地や月面―地球間の通信の中継といった持続的な月面探査のインフラ拠点とする。

ゲートウェーや月面探査での日本人宇宙飛行士の活動機会を可能とする取り決めを策定するとした。

キーワード
米航空宇宙局 NASA

関連する記事はこちら

特集