シャープ、国内で化粧品市場参入のワケ

  • 1
  • 0
シャープの戴正呉会長兼CEO

シャープは9日、国内の化粧品市場に参入する方針を示した。台湾で化粧品販売チェーン店を展開する美華泰(ミラダ)と連携し、化粧品や美容関連製品などを、自社の電子商取引(EC)サイト「ココロストア」経由で販売する。シャープはこれまでもマスク販売などで、自社ECサイトの活用を進めている。将来はヘルスケア分野の製品の取り扱いも増やし、ECビジネスを強化する考え。

同日、戴正呉会長が社員向けに発信したメッセージで明らかにした。戴会長は「ウィズ・アフターコロナの世界では、オンラインでの顧客接点を拡大することが重要だ」とし、ECサイトの活用を強化する考えを示した。

1日に台湾子会社を通じたミラダの買収を発表済み。完了時期は未定。台湾でも自社ECサイト経由で化粧品などを販売。サイト会員数拡大につなげる。

日刊工業新聞2020年7月10日

キーワード
シャープ 化粧品

関連する記事はこちら

特集