凸版印刷が社会人eスポーツリーグ創設、市場活性化の起爆剤になるか

  • 0
  • 6
社会人eスポーツリーグ「アフター6リーグ」キービジュアル

凸版印刷は、企業対抗の社会人eスポーツリーグ「アフター6(シックス)リーグ」を立ち上げる。サイバー・コミュニケーションズ(東京都中央区、CCI)や賛同企業と連携して、eスポーツ市場の活性化や企業内外の交流の促進につなげる。8月中旬から参画企業を募り、2020年度中に約50社、21年度中には約100社の登録を目指す。

米ライアットゲームズのオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」をはじめ、20年度中に最大6タイトルのリーグ開催を計画。総当たり形式で約200試合を予定する。対戦の様子を録画して、動画投稿サービスで後日配信する。リーグ参加料は無料。優勝企業にはスポンサー企業から賞品を提供する。

リーグ運営は凸版やCCIと、複数の運営協力会社が担当。日本eスポーツ連合(JeSU)や東京ヴェルディクラブなどが後援する。運営協力会社が登録企業に練習場所や専用コミュニケーションツールを提供することも予定している。

ゲームタイトルは団体戦を中心に採用。社内交流の促進につなげる。他のスポーツと比べて健常者と障がい者が一緒に参加しやすいことから、凸版はeスポーツが企業の多様性推進の一助になると見込んでいる。

当面はウェブ会議システムを用いながらオンライン対戦を実施。新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、企業間の新たなコミュニケーションの機会を提供する。登録企業のビジネスマッチングにも役立て、将来的にはeスポーツ市場に関する情報提供や有識者によるセミナーなどの開催も視野に入れる。

JeSUが開催した「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」は、国内eスポーツ市場規模の長期目標として25年で600億―700億円と設定した。一方で、裾野拡大や関連ビジネスへの波及効果を生み出せる環境整備は十分でない。最近では業種を問わず多様な企業がeスポーツ活動や関連ビジネスに参画し始めており、社会人リーグを契機とした共創は市場成長促進につながる。

日刊工業新聞2020年7月8日

キーワード
eスポーツ 凸版印刷

関連する記事はこちら

特集