麻雀の「密」避けるシートに注文殺到。次は“洗牌”機器

  • 0
  • 6

密接な距離で卓を囲む「3密」の典型であるマージャン―。全自動マージャン卓の販売や修理などを手がけるささき商事(埼玉県川口市、佐々木一春社長、048・251・8141)はマージャン卓を囲む飛沫(ひまつ)防止シート「ジャンシールド=写真」の注文が殺到し、急きょ増産に踏み切っている。

アルミニウムの骨組みにビニールシートを張ったもので、6月15日に発売したが、当初予定していた生産量の4倍となる約400台分の部材調達を進めている。生産は国内の高級杖メーカーに委託。インターネット販売を中心にマージャン店や個人向けに対応している。

マージャン店では新型コロナウイルス感染症対策の徹底が求められており、佐々木覚会長は「今後はマージャン牌を洗浄する“洗牌”機器を開発していく」と、新たな対策商品にも意欲的だ。

日刊工業新聞2020年7月6日

キーワード
麻雀 新型コロナ

関連する記事はこちら

特集