マクセルのオゾン除菌消臭器、風速2倍で海外市場を目指す

  • 1
  • 2

マクセル(東京都港区、中村啓次社長、03・5715・7031)は、オゾン除菌消臭器「オゾネオ エアロ=写真」を25日に発売する。ファンを内蔵したことで従来品と比べて風速を約2倍にし、より早く除菌・消臭ができる。色は白と黒の2種類。大きさは幅210ミリ×奥行き85ミリ×高さ205ミリメートル。参考価格は1万9800円(消費税抜き)。今後1年間で約6000台の販売を計画する。

約20畳までの空間に対応し、広さに応じて3段階のオゾン風量切替モードを搭載する。部屋の広さに合わせてオゾン生成量や風量を調節できる。静音設計で寝室などでも快適に使用できる。24時間連続使用でも電気代が月最大約82円。約8時間後に電源が自動で切れるタイマー機能付きで、外出時や就寝時など希望に合わせて設定できる。今後はアジアを皮切りに順次、海外市場にも投入する予定。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる