杭1本で1万トン!400m級の超高層ビルを支持する「花びら拡底杭」

  • 1
  • 2
清水建設と丸五基礎工業が開発した花びら拡底杭の杭底部

清水建設と丸五基礎工業(大阪市中央区)は、400メートル級の超高層ビルの杭基礎に対応する高い支持力を備えた場所打ちコンクリート杭「花びら拡底杭」を開発した。同杭は従来比で約2倍の底面積を確保し、杭1本当たり約1万トン(100メガニュートン)の高い支持力を発揮する。杭の本数を増やさずに支持力を高められ、経済性にも優れている。

花びら拡底杭の底面積は1本あたり最大33・5平方メートル(直径約6・7メートル)。杭下端部の拡底掘削では、拡底掘削機で杭底部の中心を1回掘削した後、拡底掘削機を杭底部中心から水平方向と同心円上に移動させ、掘削を2―8回繰り返すことで花びらのような底面形状の拡底杭を構築する。一連の作業は従来の拡底掘削機の先端に突起(スタビライザー)を装備するだけで対応できる。

東京都心部で支持力100メガニュートンの杭を構築する場合の試算では、従来の杭より排土量が20―33%削減し、施工期間も10―20%短縮できるという。

日刊工業新聞2020年6月8日

キーワード
清水建設

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる