顧客は免許不要、ソフトバンクが提供を目指す「プライベート5G」とは?

  • 1
  • 1

ソフトバンクは20日、顧客企業の拠点内に第5世代通信(5G)環境を整備するサービス「プライベート5G」を2022年度から提供すると明らかにした。顧客企業の要望に応じ工場などで5G環境を構築する。一般企業や自治体が5Gをエリア限定で自ら展開する「ローカル5G」とは異なり、顧客は免許の取得や保守運用を行う必要がない。

携帯通信大手は現在、第4世代通信(4G)の設備を活用して5Gサービスを提供している。だが将来は5G向けに設計された設備を使い、低遅延や多接続といった5Gの特性を発揮しやすくする考えだ。ソフトバンクはこれを21年度後半ごろに実現し、22年度からのプライベート5G導入につなげる計画。

プライベート5Gの利用例には、工場における設備の配置の柔軟な変更や生産管理の効率化などがあるとみられる。これまでソフトバンクは製造業や建設業などと5G関連の実証実験を行ってきた。

日刊工業新聞2020年5月21日

関連する記事はこちら

特集